梨・ぶどう

東京特産 稲城の梨

稲城の梨は「幻の梨」と呼ばれています。松乃園の梨は「稲城」の育成者である進藤益延氏が自ら育てた苗木の内、たまたま生き残った1本が大きく育ったものです。 初代「稲城」の原木は枯れてしまいましたが、松乃園でたくましく生き続けた苗木が現在は立派な成木となり、毎年美味しい「稲城」を沢山結実しています。

稲城

8月下旬~9月上旬
早生の大玉で、シャッキとして美味しく果汁もたっぷり。稲城市でしか手に入らない幻の梨。

本丸

9月上旬
酸味のない爽やかな美味しさが高齢者や小さいお子様に人気。稲城市でしか手に入らない限定品。

秋月

9月中旬
ざらつき感がなく、肉質なめらか。色、形、味ともに最高品。お月様のように真ん丸で可愛らしい。

 

福水

9月下旬~10月上旬
ざらつき感がなく、酸味と甘味のバランスも最高で、女性に大人気。日持ちも良いです。

東京特産 稲城のぶどう

高尾

9月上旬~9月中旬
大粒でジューシー、甘みも最高。種もなく、皮ごとでも食べられる高級ぶどう。名前は東京都の名山「高尾山」からつけられました。東京都の農業試験場で育成された品種です。育てるのに難しい品種ですが、当園の長年培ってきた技術により、粒も大きく甘いブドウとなっています。

稲城のシャイン

9月中旬~9月下旬
爽やかな香りと甘み。皮ごと食べられ、種もないのでとても食べやすく人気。

 

稲城のクイーン

9月中旬~9月下旬
果汁が豊富で甘みが強く、酸味は控えめで香りがよい。大粒なので食べ応えあり。

稲城のブラック

9月中旬~9月下旬
当園限定品の特選高尾黒丸。甘みが強く、味は濃厚。大玉で黒丸。

更新日:

Copyright© 東京特産稲城の梨 松乃園 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.